h-up.jp

気まぐれで最新記事を取り上げるサイトです

「 iOS9.0.1 」 一覧

WiJoin - 接続されたWiFiスポット名をポップアップでお知らせ [JBApp]

jbapp-wijoin-01

WiFiに接続された際、スポット名を画面上にポップアップでお知らせしてくれる『WiJoin』のご紹介!

どのWiFiスポットに接続されたのかわからない…なんて事がたまに起こったりしますが、今回の『WiJoin』ではWiFi接続時にポップアップで接続されたスポット名をお知らせしてくれるように!
接続時のみ表示してくれるため変に場所を取る心配もなく、接続先も確認することが出来て、これが意外と便利だったりします。

Reswitch - 簡単にアプリを再起動!スイッチャーからスワイプするだけ [JBApp]

jbapp-reswitch-01

スイッチャーから簡単にアプリを再起動することが可能になる『Reswitch』のご紹介。

通常アプリを再起動したい時は、アプリを完全終了させてからホーム画面へ戻ってもう一度起動…なんて手順が必要です。これ、地味に面倒なんですよね…。
ですが『Reswitch』を使用すると、スイッチャーにて下スワイプするだけでアプリの再起動が行えるように!

fileProto - Safariからローカルファイル「file://」を開くことが出来るように! [JBApp]

jbapp-filepronto-05

Safariからデバイス内のファイルを示すURL「file://」を開くことが出来るようにする『fileProto』のご紹介。

通常、Safariにてデバイス内に保存されたファイルを開くことは出来ず、「file://」から始まるURLを入力してもエラーが発生します。
ですが『fileProto』をインストールしておくと…Safariでローカルファイルが開けるように!
2010年くらいに同様の機能を持つ脱獄アプリが存在したのですが、それ以降は開発終了となっていましたので…地味に嬉しい!

BottomBar - ホーム画面&ロック画面のステータスバーを画面下部へ移動 [JBApp]

jbapp-bottombar-01

ホーム画面とロック画面のステータスバーを、画面下部へ表示させることが出来る『BottomBar』のご紹介。

以前も同名の【BottomBar】という脱獄アプリがありましたが、今回も基本機能としては同じでホーム画面&ロック画面のステータスバーを画面下部へ移動させる事が出来ます。
もちろん、今回の方のBottomBarはiOS 9対応です。
ご使用になられているテーマやウィジェットによってはステータスバーを下にしたい…という事があったりしますので、そのような際にはかなり便利です。

CP-C - FGOやパズドレ、ディバゲの脱獄対策を回避してプレイ可能に [JBApp]

jbapp-cp-c-01

ゲームアプリ「Fate/Grand Order」、「パズドラレーダー」、「ディバインゲート」の脱獄対策を回避し、脱獄環境でもプレイ可能にしてくれる『CP-C』のご紹介。

脱獄対策の回避…といえば日本では【BreakThrough】が有名ですが、人気ゲーム「Fate/Grand Order」、「パズドラレーダー」、「ディバインゲート」では使用できず、プレイが出来ません。
ですが今回の『CP-C』を使用することで、これらゲームを脱獄環境でもプレイすることが出来るようになります。

いくつか注意点がありますので、後述いたします。使用前にご確認ください

Resero 9 - 通知バナーをステータスバーと同じコンパクトサイズに [JBApp]

jbapp-resero9-01

通知バナーの縦幅を、ステータスバーと同じコンパクトなサイズにしてくれる『Resero 9』のご紹介。

昔から【TinyBar】などを使っている方も多いですが、iOS 9.3.xなどではうまく使えない場合も…。
そこで『Resero 9』を使用すると、同じように通知バナーをステータスバーサイズにする事が可能!
機能的には歴史の長いTinyBarより若干劣りますが、通知バナーを小さく…という目的ではイイカンジに使っていただけるのかなと思います!

[iOS 9] 充電中や寝ている時など、勝手に再起動してしまう問題を修正する方法

howto-fix-ios9-reboot-ios9rebootfix-01

iOS 9.0.2やiOS 9.3.3など、iOS 9環境で脱獄を行うと意図しないタイミングで勝手に再起動が行われてしまう場合があります。しかも、充電中や寝ている時など、操作していないタイミングで発生することが…。
この問題、iOS 9.2~9.3.3の脱獄では地味に致命的で…毎朝起きたら脱獄環境へ復帰するためのリスプリングをする…という面倒な作業につながってしまわけです…。

ということで、簡単な修正方法が用意されていますので、そちらをご紹介!

HomeWifi - 特定のWiFiに接続中のみパスコードをスキップ [JBApp]

jbapp-homewifi-01

事前に指定したWiFiに接続中のみ、ロック解除のパスコードをスキップすることが可能な『HomeWifi』のご紹介。

昔から「WiFiの接続状況によってパスコードをスキップ」という機能が備わっている脱獄アプリは多いですが、今回はその機能だけを抜き出した物になっています。
特定のWiFiスポット接続時はパスコードをスキップということが可能で、更に『HomeWifi』は無料で利用することが可能。

Pokemon Lock - ポケモンGOをロック画面からプレイ可能に [JBApp]

jbapp-pokemonlock-01

皆さんご存知Pokémon GOを、ロック画面からプレイ出来るようにする『Pokemon Lock』のご紹介!

Pokémon GO」は位置情報を使ったゲームなため、頻繁に起動する事が多く、その度にロック解除 > アプリ起動…とやるのは面倒!な気がほのかにしたりしなかったり…。
そこで『Pokemon Lock』を使用すると、ロック画面からポケモンGOを起動してプレイすることが出来るようになります!

ちなみ…みなさんお考えの通り注意点が存在し、使い勝手もかなりネタ感が強めでっす!流行りに乗ったネタとしてお考えください…!

Tiff Disabler - iOS 9.3.3にて修正された脆弱性を脱獄環境でも修正 [JBApp]

jbapp-tiffdisabler-01

iOS 9.3.3にて修正された脆弱性を、iOS 9.0.xなどの脱獄環境でも修正してくれる『Tiff Disabler』をご紹介。

先日ようやくリリースされた【iOS 9.3.3】ですが、セキュリティアップデートが含まれており、その中に「CVE-2016-4637」という脆弱性の修正があります。
攻撃者がリモートにて任意のコードを実行出来てしまう脆弱性となっており、なかなか危険…。
ということで『Tiff Disabler』を使用すると、未修正であるiOS 9.3.3より下のバージョンでも脱獄環境であれば対処が行えるように!

Decorus - コントロールセンターをiOS 10風デザイン&機能に!! [JBApp]

jbapp-decorus-01

コントロールセンターをiOS 10風のデザインに変更してくれる『Decorus』のご紹介。

iOS 10よりコントロールセンターのデザインが変更され、更にページ制となりました。そんなデザイン&機能をiOS 9でも再現することが出来るのが『Decorus』です!
大きく何かを便利にするものではないのですが、時期的に定番のひとつ…という感じでしょうか。iOS 10の雰囲気を少しだけ感じることが出来て、それはそれで楽しかったりします。

NCApps - 通知センター内にてアプリを起動&操作が出来るように [JBApp]

jbapp-ncapps-01

通知センター内からアプリにアクセス出来る様にする『NCApps』のご紹介。

アプリを使いたい場合は、通常個別に起動する必要がありますが…『NCApps』では通知センター内からアプリを操作することが出来るように!
なかなか想像がしにくいため記事を読み進め画像を見ていただくほうが早いのですが、簡単に言ってしまうとアプリを使いながら通知センター内でも別のアプリを使うことが可能といった感じ。

あまり大掛かりな事には向いてないのですが、メモや電卓、攻略情報を見ながらゲーム…といった様な簡単な用途であれば向いているかも!?

ColorPass - パスコードボタンの背景を好きな色に変更 [JBApp]

jbapp-colorpass-01

パスコードボタンの背景を好きな色に変更することが出来る『ColorPass』をご紹介。

通常パスコードを入力するためのボタンは特にこれといった色はなく、丸い枠があるだけです。ですが『ColorPass』を使用すると、ボタンの背景を好きな色に変更することが可能。
Touch ID非対応なデバイスではパスコード画面は良く見かける部分ですので、ちょっとした気分転換にいいかもしれませんね!

AnalogStatus - ステータスバーの時計をmacOS風アナログ時計に [JBApp]

jbapp-analogstatus-01

スタータスバーの時計を「アナログ時計」に変更することが出来ちゃう『AnalogStatus』のご紹介。

Macではメニューバーの時計表示をデジタルではなく「アナログ時計」にすることが出来ます。ということで…『AnalogStatus』を使用するとiOSでもステータスバーの時計をアナログ時計にすることが可能!
もちろん時間の確認であれば元のデジタル時計のほうが便利ですので、見た目の面白さとどちらを取るか…といったところでしょうか…。

PokemonGoAnywhere - ポケモンGO内の現在位置を偽装、タップした方向へ歩かせる [JBApp]

jbapp-pokemongoanywhere-01

ゲーム「Pokémon GO」にてタップした方向へキャラクターを歩かせる事が出来る『PokemonGoAnywhere』のご紹介。

位置情報を使うアプリなどでは「位置偽装」が使用される場合もありますが、今回の『PokemonGoAnywhere』ではポケモンGOにてタップした方向へ現在位置をゆっくり移動させる事が出来るように。
LocationFaker】などとは違い、今回の物はPokémon GO専用となっており、単純に位置偽装ではなく…ポケモンGO内での歩行を偽装する物。タップした方向へ位置偽装しつつキャラクターを歩かせる事が可能です。

PokemonPatch - ポケモンGOの脱獄対策を回避してプレイ可能に [JBApp]

jbapp-pokemonpatch-01

リリース数日で世界的にヒットしているゲーム「Pokémon GO」の脱獄対策を回避することが出来る『PokemonPatch』のご紹介。

Ingressとポケモンを合体させたゲーム「Pokémon GO」ですが、脱獄対策が施されており、そのままではプレイすることが出来ません。
そこで『PokemonPatch』を使用すると、脱獄対策を回避してプレイ可能に

また【BreakThrough】では不完全だった対策回避についても対応していますので、Pokémon GOをプレイする際は今回のPokemonPatchのご使用をオススメします。

CCNotes - コントロールセンターに簡易メモ機能を追加 [JBApp]

jbapp-ccnotes-01

コントロールセンターに簡易的なメモ機能を追加する『CCNotes』のご紹介。

メモは脱獄アプリだと人気のある機能のひとつですが、今回の『CCNotes』ではコントロールセンターに簡易メモを追加する物になります。
独自のメモ機能なのでメモ帳との連携はありませんので、簡易的に使うという目的に限られてきそうです。

BootScreenCustomization - ブート画面の背景&アップルロゴの色を変更 [JBApp]

jbapp-bootscreencustomization-01

ブート時の画面色を変更できる『BootScreenCustomization』のご紹介。

リスプリングや再起動時に表示される「ブート画面」ですが、通常は【白 & 黒】の物が使用されます。
ですが『BootScreenCustomization』を使用すると、ブート画面の背景とアップルロゴをそれぞれ好きな色に変更する事が可能!
以前あった【BootLogoCustomizer】と似た機能ですが、今回のものは無料で使用可能となっています。

BootScreenCustomization - ブート画面の背景&アップルロゴの色を変更 [JBApp]

jbapp-bootscreencustomization-01

ブート時の画面色を変更できる『BootScreenCustomization』のご紹介。

リスプリングや再起動時に表示される「ブート画面」ですが、通常は【白 & 黒】の物が使用されます。
ですが『BootScreenCustomization』を使用すると、ブート画面の背景とアップルロゴをそれぞれ好きな色に変更する事が可能!
以前あった【BootLogoCustomizer】と似た機能ですが、今回のものは無料で使用可能となっています。

Breadcrumb10 - 「○○に戻る」をiOS 10風スタイルに変更 [JBApp]

jbapp-breadcrumb10-01

iOS 10風の「○○に戻る」スタイルにしてくれる『Breadcrumb10』のご紹介。

アプリ移動が行われた際、ステータスバーの左端に「○○に戻る」といったボタンが出現します。
iOS 10ではデザインに変更が入っており、『Breadcrumb10』を使うことでiOS 9でもiOS 10風スタイルにすることが可能!
機能がどうこう…ではなく、見た目の違いだけなのでお好きな方をどうぞ…!